将来の住宅ローンの審査のことをよく考えて利用

近頃は、駅前のビルにそびえていた大きな消費者金融の看板もあまり見かけなくなりました。しかし、ATMを利用して借りられる無人の手軽な方式は人気?があるのか、最近は銀行と提携したり、銀行そのものが住宅ローン以外にお金を貸したくて困っているのでカードローンに力を入れています。

銀行と言うブランドを利用してはいるものの、住宅ローン以上に高い金利で儲けようとしていることは確かです。

銀行は貸すところを必死でさがしていますが、なかなか見つからないのも事実です。その結果銀行が国債を買っています。つい先週のことですが、5年の国債が償還を迎えて銀行へ相談にいったところ、こんなことは初めてですが、今後10年の国債を買われると元本割れする可能性が強いので全くおすすめできません、と言っていました。

その数日後、日本国債の格付けがA+からシングルAに下がってしまったというニュースが入りました。

そもそも預金の金利が0.04%など1年間ならゼロにも等しくてため息がでるのに、逆に借りてしまったら12%以上もの金利、これはクレジットのリボ払いも同様です。この違いをよく認識してみればカードローンでお金を借りることがどんなにリスクが高いか、もし返せなかったり滞納すれば、将来低金利で借りられるはずの住宅ローンの審査に落とされてしまう方がもっと大変です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>