私こそはカードローンに最も詳しい男

以前からバイナリーオプションという投資にはまっている友人が、先日、カードローンについて私に質問してきました。「低金利な金融機関はどこか」とか、「融資枠が大きいカードローンを教えて欲しい」などと尋ねてきたのです。

その時、私は悪い予感がしました。つまり、彼は投資に失敗して金に困ってカードローンを利用しようと思っているのではないかと感じたのです。更には、もしかしたら彼はカードローンで投資資金を工面しようと考えているのではないか、との疑いの気持ちさえ湧いてきました。私は彼の友人として、それだけは絶対に止めなければならないと思いました。

しかし、よくよく彼の話を聞いてみると、手頃なカードローンを探しているのは彼自身ではなくて、彼の知人でした。彼は知人のために、カードローンについて私に尋ねただけだったのです。

彼曰く、彼の交友関係の中で最もカードローンに詳しいのは誰かと考えた時、真っ先に頭に浮かんだのは私の顔だったそうです。喜ぶべきか悲しむべきか、私の気持ちは複雑です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>