自転車操業に陥りやすいカードローン

カードローンと言うと、昔はあまり良い印象がありませんでしたが、最近はイメージ戦略なのか、有名タレントや好感度の高いタレントがコマーシャルに出演し、印象が良く映るようになってきました。

このため、安易にカードローンに手を出す人が増えているように思います。カードローンは、審査が緩い物もあり、簡単にお金を借りることが出来るため、まるで自分のお金が際限なくあるような気持ちに安易になってしまいます。ところがいざ、返済となると、返済するためのお金がなく、また借りるという自転車操業となり、どんどん気持ちが追いつめられていきます。そんな状態なのに、まだ借りることが出来る…そこがカードローンの恐ろしいところです。

その場を乗り切る為に借りたお金が、自分の首を絞め、最終的に返済することが出来なくなることもあります。カードは、際限なくお金が出てくる魔法のカードではありません。

ローン地獄に陥らないためにも、本当に必要な借金なのか、カードローンというのは自分のお金ではなく、借金であることを強く認識して、利用することをお勧めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>