将来の住宅ローンの審査のことをよく考えて利用

近頃は、駅前のビルにそびえていた大きな消費者金融の看板もあまり見かけなくなりました。しかし、ATMを利用して借りられる無人の手軽な方式は人気?があるのか、最近は銀行と提携したり、銀行そのものが住宅ローン以外にお金を貸したくて困っているのでカードローンに力を入れています。

銀行と言うブランドを利用してはいるものの、住宅ローン以上に高い金利で儲けようとしていることは確かです。

銀行は貸すところを必死でさがしていますが、なかなか見つからないのも事実です。その結果銀行が国債を買っています。つい先週のことですが、5年の国債が償還を迎えて銀行へ相談にいったところ、こんなことは初めてですが、今後10年の国債を買われると元本割れする可能性が強いので全くおすすめできません、と言っていました。

その数日後、日本国債の格付けがA+からシングルAに下がってしまったというニュースが入りました。

そもそも預金の金利が0.04%など1年間ならゼロにも等しくてため息がでるのに、逆に借りてしまったら12%以上もの金利、これはクレジットのリボ払いも同様です。この違いをよく認識してみればカードローンでお金を借りることがどんなにリスクが高いか、もし返せなかったり滞納すれば、将来低金利で借りられるはずの住宅ローンの審査に落とされてしまう方がもっと大変です。

一枚のカードローンでは足りない時

全てのカードローンには利用可能枠がありますので、限度額いっぱいまで借り入れをしてしまえば、後は利用枠がある程度復活するまでは返済に励まなければなりません。しかし利用枠が復活するまで待てなくなってしまったら、一体どうしたら良いのでしょうか。

そんな時の一つの方法が、増額申請です。それはつまり、利用可能枠を増やしてもらうためにローン会社にお願いすることです。その願いを聞き届けてもらえたら、無事に問題は解決します。しかし増額申請にも審査がありますので、それに通らない場合は諦めるしかありません。

しかし、諦めきれない場合はどうするのでしょうか。その時には、別なローン会社のカードローンを使うのも一つの手です。しかし、それにはリスクが伴います。と言うのも、カードローンとは借金ですので、その件数が増えれば増えるほど返済は大変になるからです。そのリスクを正しく認識してからでないと、二枚目のカードローンは怖くて使えないと考えるべきでしょう。

バイクのカスタムで組んだカードローン

夫がバイクが趣味で、実際所有して乗っているのは一台だけなのですが、よくカスタマイズをしたりするため専門ショップに足を運んでいました。

ある時、行きつけのショップのオーナーから、新しいパーツが出たからつけてみないかと言われたとのこと。カタログのようなものをもらってきていたので見てみると、そのカスタムをするだけで下手したらバイク一台買えるのではないかというような値段。

私は夫の趣味にはほとんどノータッチなので、あえて何も言いませんでしたが、もちろん支払いは夫のお小遣いからなので、現金で一括は無理な金額でした。さすがにあきらめるだろうと思っていたら、どうしてもそのカスタムをしてみたかったようで、お店の人に相談したところ、提携しているカードローンがあるので、それで組んでみてはと言われたということで、カードローンを契約して帰ってきました。数年前バイク本体を購入する時もそのお店で同じカードローンを組んでいて、その返済も滞りなく完済していたので、今回はスムーズにローンの手続きができたとのこと。
お店が提携しているカード会社のカードローンなので、こちらもとやかく言わずに、無事に完済することだけをしっかりしてもらいたいと思いました。

カードローンの使いかたをこれから改めようと思いました。

自分にはどうしても欲しい物があり、その欲しい物というのは車に付けるコンポです。

今の車に付いているコンポがかなり音が悪くて、音割れや音が飛んだりしていてイライラしていました。値段もそこそこしていて誰かに借りようと思い友達や親や兄や弟達にあちこち電話してお願いしていたんですが、駄目だの一点ばりでした。

何故かわからないですが、自分は信用されていないんだなと感じました。

でも、どうしてもコンポの欲しさから借金しようと思いカードローンを組むことになりました。四万あれば良いものが買えるので消費者金融に向かいました。過去に一回だけ借りた事があったので流れは把握していました。今回も何とか審査に通りました。次の日には口座にお金が入っていたので安心しました。急いでコンポを買いに行きました。嬉しかったんですがこんな事でお金を借りてしまった自分はどうかしてると。

改めて感じました。カードローンは非常に便利ですけど一歩間違えれば多額の借金を背負えかねないので、これからそういったことをちゃんと自覚しながら気を付けて生活をしていきたいと思いました。

カードローンでお金を借り後悔

実は、僕は彼女にカードローンでお金を借りたことを、話してはいません。なので、話そうか話さないか、とても迷っています。

鬼のような彼女なので、とても怖くてその事を考えてしまったらどうしても言おうか躊躇ってしまいます。話す必要性は無いかもしれませんが、もしこの先、将来結婚するとかになったら話さなければいけないなと思うところです。それでもまだ、借り始めたばかりですが、借りた理由というのは親に生活費を渡さなきゃいけない事もあり、親は病気にかかってしまい、仕事に行けなかった為払えずカードローンでお金を借りたのが理由です。

もちろんこの事は、家族にも言っていません。話した方が、気持ちが楽になると思うのですが。また、彼女は隠し事とかが大嫌いなのです。だから余計に怖く感じます。そんな日々を過ごしながら、悩みに悩みまくって、やっぱり心配をさせたくないと思いながら今もこのまま黙っていて仕事につくし一生懸命頑張っていこうという思いです。もうこの先、借りる事はないかもしれませんが、もし何かの理由で万が一借りることがありましたら、次は絶対に言おうと思いを感じました。

銀行系カードローンの選び方について

銀行系カードローンには、かなりいろいろなものがあります。一つや二つだったら選びやすいと思うのですが、ここまで数があると困る人もとても多いのではないでしょうか。ですから銀行系カードローン選びでお悩みになっているという方のためにも、その選び方のコツなどを簡単に書いていきたいと思います。

まず、銀行系カードローンはそれぞれ特徴がかなり違うので、どれも一緒だなんて思わない方がいいです。そうして適当に選んでしまうと、後悔をする確率というのも低くはありません。ですから、きちんと吟味をして選ぶということは心がけるようになさってください。
比較サイトを見ると、いろいろな銀行系カードローンをみることができて、特徴を見比べてその場ですぐにどれが自分にあっているのかどうかを判断することができるのではないでしょうか。
これらのことを頭に入れておけば、銀行系カードローン選びで悩んでしまった時にも問題を解決することができるのではないでしょうか。

審査の手軽さはキャッシングの魅力です

キャッシングの魅力の一つは何といっても審査の手軽さでしょう。
まず審査はインターネットを用いて行うことが可能であるために、インターネット環境さえ整っていればパソコン、そしてスマートフォンでも審査に申し込むことができます。審査のために金融機関に赴く必要がないというのは大きなメリットであるといえます。また多くの金融機関は24時間、審査を受け付けています。そのためまさに「いつでも、どこでも」審査申し込みが可能なわけです。
また即日キャッシングを売りにしている金融機関も多々存在します。このような金融機関は審査を行った当日にお金を貸してくれるという、非常にスピーディーな対応でよい評判を得ています。また即日キャッシングではなくても審査結果は比較的早く知らされるために、お金を必要としている人にとっては非常に便利なシステムであるといえます。

このようにキャッシングの審査は手軽で、尚且つ結果がスピーディーに知らされるという魅力的なものです。

柔軟で頼れるフリーローン商品

 最近は、毎年発表される平均年収が下がることが珍しくなくなっています。それに対して物価は上昇し、税金等の負担も増しているのが現実です。単身者ならどうにか生活出来ていても、家族を養うとなるとどうしても苦しいと感じる人は少なくないはずです。
子供がいると家計に占める教育費の負担も発生します。子供が成長するにつれて生活費が増えるだけでなく、教育費の負担もどんどん大きくなるのです。
こうした総合的な支出増加に対応できるローン商品となると、やはりフリーローンしかありません。教育目的だけなら教育ローンなどもありますが、生活費の為に利用できる目的別ローンはありません。変化する家計に柔軟に対応するには、フリーローン商品の利用が最も的確なのです。
フリーローン商品も、上手に選べば高額な融資が受けられることが少なくありません。勿論借りたお金はきちんと返済しなくてはならないので、借り入れ後は返済負担が生じます。しかししっかり計画的に返済できる土台を作っておくことが出来れば、フリーローンは困った時にとても柔軟で頼れるものだと言えます。

カードローン審査の具体的な内容と注意点

カードローンに申し込んだとき、審査に通過できるのか気になります。
カードローンの審査条件は会社ごとに多少異なりますが、多くの共通点もあります。
審査では満20歳以上65歳以下で安定収入があることが基本的な審査条件です。年齢幅は会社によって少し違いがあります。

また申込者の属性項目についてもかなり細かい点まで厳正に審査されます。
具体的な項目としては年齢、職業、勤続年数、居住年数、家族構成などです。
審査では経済的な安定性が重視されるので、転職を繰り返して勤続年数の短い人の場合は例え正社員でも審査通過が難しくなります。

また引越しが多くて頻繁に転居する人も審査では不利になります。
申込者の信用情報も重要で、3社以上の他社借入や多額の債務があったり、過去に延滞や債務整理などの金融事故があると審査落ちの原因となります。

また審査に自信がないからといって申込みの際に虚偽の報告をしてもすぐにバレてしまいます。審査で信用を失って不利になるだけなので、記入項目については事実を正直かつ正確に報告することが重要です。

カードローンの審査を通過する最低基準

カードローンを利用したいけど、自分では審査に受からないかもしれないと躊躇している方もいると思います。

たしかに年収が極端に低いとか、会社での勤続年数が1年未満だとか、他に借金があるなどの事情で審査に通りにくくなることはあります。

ただ、そんなことよりも審査に通るのに大切なことがあります。
それはカードローン会社に対して嘘をつかないことです。
審査に通るか不安で年収を多く見積もったり、勤続年数を長く偽ったり、他に借金があることを隠したりすると通っていたものも通らなくなります。
自分に置き換えてみればわかると思いますが、嘘をつく人にお金を貸したくないはずです。

それはカードローン会社も同じことなのです。それに基本的に嘘はバレます。
お金を借りたい場合は今のありのままの状況をきちんと正直に話すことです。
その方が心象がよくなってお金も借りやすくなります。
最低限度のことなので、カードローンを利用しようと思っている人は気をつけましょう。